審査員

審査員として予定をしておりました北川啓介さんが諸事情のため出演がキャンセルとなりました。代わりの審査員として、建築ラジオの共同主宰をされている松田達さんに審査員をして頂く事となりました。出展者を始め関係者の皆様、宜しくお願いします。


松田 達(まつだ たつ

1975年石川県生まれ。建築家。京都造形芸術大学、桑沢デザイン研究所非常勤講師。建築系ラジオ共同主宰。東京大学工学部都市工学科卒業、同大学大学院建築学専攻修士課程修了、同博士課程単位取得満期退学。隈研吾建築都市設計事務所を経て、文化庁派遣芸術家在外研修員として渡仏。パリ第12大学パリ・ユルバニスム研究所にてDEA取得。吉村靖孝建築設計事務所を経て、2007年松田達建築設計事務所設立。受賞=第12回タキロン国際デザイン・コンペティション入選ほか。共著=『建築・都市ブックガイド21世紀』(彰国社)ほか。作品=《リスボン国際建築トリエンナーレ帰国展会場構成》《フラックスタウン・熱海》ほか。建築と都市計画、建築と批評、建築とメディアといった異なる領域を横断する活動を試みつつ、新しい建築家像を模索する。


 

宇野 享(うの すすむ)

建築家

大同大学教授

 

1963 岐阜県生まれ

1988 東京電機大学工学部建築学科卒業

19881989年 阿久井喜孝計画研究室

1989 ㈱シーラカンス入社

1995 ㈱シーラカンスのパートナー(取締役)就任

2001 ㈱シーラカンス アンド アソシエイツ/C+A代表取締役就任

2005 ㈱シーラカンス アンド アソシエイツの東京、名古屋における活動の独立性を明快にするため、東京本社をCAt、名古屋支社をCAnに改組

2006 C+A代表取締役退任

2006 大同工業大学工学部建築学科助教授就任(現・准教授)

2009年 大同大学工学部建築学科教授/CAnパートナー

名古屋大学非常勤講師(2006-2008

大同工業大学非常勤講師(1998-2005

愛知淑徳大学非常勤講師(2001-2005

岐阜工業専門高等学校非常勤講師(2002-2004

名古屋工業大学非常勤講師(2002-2004

 

北川 啓介(きたがわ けいすけ)

建築家

名古屋工業大学大学院准教授

 

1974年3月26日名古屋市内の和菓子屋生まれ。

建築家、研究者。専門は、建築設計計画、建築意匠、現代建築、都市計画、情報空間論、サブカル論、ナゴヤ論。

1996年国立名古屋工業大学工学部卒業。

1999年ライザー+ウメモト事務所など。

2001年同大学大学院工学研究科博士後期課程修了、博士(工学)。同大学大学院助手、講師、助教授を経て、現在、国立大学法人名古屋工業大学大学院工学研究科准教授、名工大ラジオ局長。

論文=『映画の中の都市と建築』、『和菓子と建築』など。

報文=『マンガ喫茶白書 社会問題に先行するひとり一畳の聖域』(日本建築学会建築雑誌、2008年4月号)、『もうひとつの建築設計資料集成』(日本建築学会建築雑誌、2009年12月号)など。

著書=『ハイパーサーフェスのデザインと技術』(彰国社、2005年)など。

受賞=日本建築学会東海賞、名古屋市都市景観賞など.


Twitter @kitalab

橋本 雅好(はしもと まさよし)

環境心理学者

椙山女学園大学准教授

 

椙山女学園大学生活科学部生活環境デザイン学科准教授。博士(工学)。

専門:環境心理学、建築計画、インテリアデザイン、感性デザイン。

群馬県生まれ(1973)。

京大学大学院工学系研究科博士後期課程修了(2001)。

日本建築学会奨励賞(2003)、

第4回雪のデザイン賞佳作(2007)などを受賞。

共著に「設計に活かす建築計画」(学芸出版社、2010)など。

 

Twitter @hasshi_masa

                                       五十音順